頭金の役割と頭金に充てていいお金の目安

頭金には住宅ローン負担を軽減する役割があります。

最近は物件価格の10割を借り入れることができる金融機関が多くなっていますが、頭金なしで住宅ローンを組むと、どうしても負担が大きくなってしまいます。右の図は、3,000万円の物件を購入したときの例です。

頭金2割とゼロの場合では2割の方が毎月返済額は2万3,707円、頭金を含めた総支払額は約253万円も少なくなります。

このように頭金が多いほど返済金額が少なくなるので、やはり物件価格の2割以上は頭金を用意したいものです。

また、物件価格(特に新築)は購入してすぐに、1割~2割は値下がりするのが一般的です。

頭金を入れていないと当面は売却価格がローン残債を下回る可能性が大きく、差額分を現金で用意しないと売れに売れなくなってしまうというリスクもあります。

頭金に充てていいお金の目安

上で紹介したように、住宅を購入するときに頭金を用意することはとても大切です。

とはいえ、貯蓄すべてを頭金に充ててしまうと、病気やけが、急なリストラなどで収入が途絶えてしまったときに、住宅ローンの支払いが滞ってしまうことにもなりかねません。

このため、ある程度の蓄えは残しつつ、物件価格の2割程度を準備するのが理想です。

手元に残しておきたいお金の目安は、不意の事態に備えた緊急資金として、生活費の1年分程度が理想。残りの部分を頭金に充てるというのが1つの目安になります。

下の式を利用して、あなたが頭金に充てることができる金額の目安を算出してください。

頭金に充てていいお金の計算式

貯蓄額 – 緊急資金(生活費1年分) = 頭金に充てられる金額

このエントリーをはてなブックマークに追加
お知らせ