住宅ローンを借りられる額と無理なく買える金額設定

住宅ローンで借りられる額が、家計に無理無く返済できる金額とは限りません。

希望した物件を購入した後で後悔しないよう、
住宅ローンを組むときに、無理のない返済額がいくらまでなのか、
また、いくらくらいの物件が買えるのかを計算して確認していきましょう。

無理なく払える毎月返済額のチェック方法

現在の住居費(家賃+住宅用の積立)から購入後の維持費を引いた金額が、毎月返済額の目安です。

(月単位)
現在の家賃+住宅購入のために積立できているお金-購入後の維持費=無理なく払える返済額

例(月単位)
8万+5万-3万=10万

無理なく返せる借入可能額をチェックしてみよう

上記で算出した毎月返済額をもとに、借りられる金額をチェックしてみましょう。

(表)

買える物件価格の目安を計算してみよう

借入可能額+頭金の金額から諸費用分を引いた金額が無理なく買える物件価格の目安となります。

返済負担率もチェックしてみよう

せっかく理想の家を手に入れても、住宅ローン負担が大きすぎて日々の暮らしが厳しくなっては、元も子もありません。

そこで確認しておきたいのが、「返済負担率」です。「返済負担率」は、年収における年間の住宅ローン返済額の比率を表すもので、金融機関が融資額を決める際の基準にもなります。

基本的には「返済負担率」が25%を超えないよう住宅ローン負担を抑えておくのが一つの案です。

ただし、家計の状況によっては25%でも負担が大きいケースもありますし、逆に余裕があるケースもあります。

詳しくはCFP認定者、 AFP認定者などのファイナンシャル・プランナーに相談してみるのがよいでしょう。

無理のない毎月返済額から、買える物件価格の目安を算出してみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
お知らせ