コラム

住宅ローンの選び方

投稿日:

ひとことで住宅ローンといっても、金利タイプや返済方式にはいくつかの種類があります。

基本的な住宅ローンの種類と選び方を確認しておきましょう。

住宅ローン負担に影響する3つの要素

住宅ローンの利息の額に影響するのが、「借入額」、「金利」、「返済期間」の3つです。

借入額が少ないほど利息が少なく済みますし、同じ借入金なら金利が低いほど、借入期間が短いほど、支払う利息は少なくなります。

このため、住宅ローン負担を減らすためには、頭金を用意して借入額を減らし、なるべく金利が低い住宅ローンを探すことが重要です。

返済期間」は短いほど、総支払利息は少なく済みますが、その分月々の負担は増えることになりますので、バランスも大切です。

2種類の返済方法

住宅ローンの返済方式には「元金均等返済方式(以下、元利均等)」と「元金均等返済方式(以下、元金均等)」の2種類があります。

「元利均等」は元金と利息を合わせた毎月返済額が一定なので、生活設計が立てやすいというメリットがあります。

一方「元金均等」は元金部分のみが一定で、その時点でのローン残高に応じた利息が毎月返済額に上乗せになるタイプ。

ローン残高が減るのに応じて利息額も減りますので、当初の支払いが多いものの年数経過とともに毎月返済額が減っていきます。

現在の主流は「元利均等」タイプとなっており、「元金均等」は取り扱いのある金融機関が限られています。

3つの金利タイプ

住宅ローンには、借り入れたときの金利が固定される期間によって「固定金利型」、「固定金利選択型」、「変動金利型」の3つの金利タイプがあります。

変動タイプや固定期間が短いタイプほど適用金利は低くなりますが、毎月返済額が市場金利によって変動するリスクがあります。

逆にフラット35に代表される「固定金利型」は、適用金利は高めですが、毎月返済額は常に一定です。

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

住宅購入にかかる費用

住宅購入は物件価格+諸費用がかかります。 住宅は数千万円単位の大きな買い物。 それだけに、必要な費用を正しく見積もったうえで、資金計画を立てる必要があります。 まず考えておきたいのが、住宅購入時に現金 …

no image

住宅を購入する場合

住宅を購入する場合、住宅価格の2割以上の「頭金」を用意する、税込み年収に占める住宅ローンの年間返済額を25%以内におさめる、というのが理想です。 又、住宅ローンを組む場合、定年後の支払いは予想以上に家 …

no image

住宅ローンを借りられる額と無理なく買える金額設定

住宅ローンで借りられる額が、家計に無理無く返済できる金額とは限りません。 希望した物件を購入した後で後悔しないよう、 住宅ローンを組むときに、無理のない返済額がいくらまでなのか、 また、いくらくらいの …

no image

頭金の役割と頭金に充てていいお金の目安

頭金には住宅ローン負担を軽減する役割があります。 最近は物件価格の10割を借り入れることができる金融機関が多くなっていますが、頭金なしで住宅ローンを組むと、どうしても負担が大きくなってしまいます。右の …

no image

住宅を購入するときの不動産会社の選び方

不動産会社は不動産の取引が成立する際に仲介手数料を得る仕組みになっています。 仲介手数料の上限は取引額の3%+6万円+消費税(売買価格が400万円を超える場合) となっていて、不動産会社はこの仲介手数 …

Youtube

ライフプラン相談

お知らせ(タイトルのみ)

FacebookPage

公益社団法人 東京都宅地建物取引業協会 大田区支部

宅建協会 大田区支部